機械式時計は毎日使うことが手入れになる

機械式時計はクオーツ式時計とは異なり、ゼンマイが解ける力のみで動作しているので常に動き続けていることが手入れとなります。なぜなら、機械式時計の中には潤滑油やグリースが塗布されているので、動き続けることで常に潤滑油が固まってしまわないように出来ているからです。また、高級機械式時計ほどパーツの数が多く仕組みが複雑に作られているので、全体のバランスを保つためには動かし続けることが良いとされています。日常生活で機械式時計を使い続ければ、毎日の手入れは柔らかい布で拭く程度で十分です。ベルト部分の汚れが目立つ場合のみ外して中性洗剤で洗うといった方法がありますが、本体そのものは拭くことで常に綺麗な状態を保てます。

機械式時計のオーバーホールは3年が目安

機械式時計は毎日使い続けることが良い状態をキープする手入れとなりますが、3年から4年に1度の割合でオーバーホールを時計職人へ依頼する必要があります。オーバーホール作業は一旦全てのパーツを分解しながら磨耗状況をチェックし、必要な修復とバランス調整を行い新しい潤滑油へ入れ替えることが目的です。潤滑油の劣化は3年から4年程度が目安となるので、オーバーホール時にはやや針の進みが早い状態に仕上げます。本来の時刻よりも遅れるようになった時には、既にオーバーホール時期へ差し掛かっていると考えて良いでしょう。高級機械式時計ほど内部構造が複雑過ぎて腕利き機械式時計職人以外はオーバーホールが出来ません。そこで、高級機械式時計専門店ほど購入時に時計職人の確保状況を確認されるわけです。

スポーティさとエレガンスとを兼ね備えた、それはまさに気品溢れる小さな宇宙です。いつか手にしたい憧れの腕時計ウブロ。一生モノとしての価値があります。